倉敷帆布 経緯の未来

目次

倉敷帆布を受継ぐ企業紹介

丸進工業株式会社

六十台の自動織機で帆布、厚織物といった広幅織物
(三〇~一三〇センチメートル)を
月産約十二万平方メートル製造します。
また、糸から織物まで自社工場にて一貫生産を行うため
QRおよび品質管理にすぐれ、
規格ものやリピートの織物に適しています。
綿を中心として麻、アクリル、エステル
その他複合糸等の撚り糸が中心です。
近年では、産業資材用織物の他、綿帆布を素材とする
鞄袋物用、履物用、衣料用といった需要が増え、
「はんぷ屋」において二次製品も手がけています。

代表者 : 代表取締役 武鑓 篤志
設 立 : 昭和八年
所在地 : 〒710−0146 岡山県倉敷市曽原 439
TEL : 086−485−1211
FAX : 086−485−3173
WEB : http://www.hanpu-ya.com/

前へ
次へ
© KURASHIKIHANPU.COM
お問い合わせ
サイトポリシー
SHARE

倉敷帆布

経緯の未来

  • 第一章 倉敷帆布とは
  • 第二章 倉敷帆布の歴史
  • 第三章 倉敷帆布が出来るまで
  • 第四章 倉敷帆布を織りなす人々
  • 第五章 倉敷の産業と帆布
  • 第六章 倉敷帆布の未来

倉敷帆布から生まれた新しいブランド

倉敷帆布を受け継ぐ企業紹介

協賛企業

CLOSE