倉敷帆布 経緯の未来

目次

第四章 倉敷帆布を織りなす人々  6/7

チーム倉敷帆布として ー工場長ー

倉敷帆布は両端の耳の美しさが特徴。
そこで、もっときれいに出せるようにと考えたら、
幅の狭い織り機そのものを
自分で設計、溶接までして作ってしまいました。
シャトルも特注です。
帆布をつくる仕事のはずが、
新しい機械までつくるなんて自分でも驚きです。

織機しょっきを造っているところも 少なくなってきているので、
うちの織機たちをとても大事にしています。
いまでは、壊れたら自分で直してしまいますし。
やっぱり帆布を織る仕事が好きじゃないとできないですよ。

幅が狭いと織り上げる効率も悪いんです。
でも、効率よりも、誰にもできない良いものを
作っていきたい。
そのほうが大変かもしれないし、手間もかかる。
だけど、よそにできないものを作った方が
おもしろいじゃないですか。

前へ
次へ
© KURASHIKIHANPU.COM
お問い合わせ
サイトポリシー
SHARE

倉敷帆布

経緯の未来

  • 第一章 倉敷帆布とは
  • 第二章 倉敷帆布の歴史
  • 第三章 倉敷帆布が出来るまで
  • 第四章 倉敷帆布を織りなす人々
  • 第五章 倉敷の産業と帆布
  • 第六章 倉敷帆布の未来

倉敷帆布から生まれた新しいブランド

倉敷帆布を受け継ぐ企業紹介

協賛企業

CLOSE